厳しい就職試験で、新卒採用したはずの優秀な若者が「俺にはもっと向いている仕事がある」「俺はこんなもんじゃない」的なことを言ってすぐにやめてしまう・・・

 

この問題について、リクルートの方と、ひろゆきさんという方が、分析をするという記事を目にしました。

 

なぜ若者が離職してしまうのか性格的な傾向についてとか、リクルートの方は「若者を理解しよう」という印象。ひろゆきさん「就職試験と基準と、試験官の問題でしょ」といった分析をされてました。

 

要は、採用面接では「本当に優秀な人材かはわからない」という事だと読み取れました。

 

では、どうしたらよいのか?

 

どうしたら優秀な人材を採用できるのか?

 

ということを考えていたのですが、

 

もし僕が、企業の採用を自由にしてよいと言われたら、

 

パート・アルバイトからの社員登用はかなり真剣に検討すると思います。

 

新卒者の離職の問題は、物凄く簡単に言うと、試験では立派にふるまうけど、

 

「いざ働いて貰ったら全然ダメだった」ということのようで

それを避けるには、「実際の働きをみればよい」という発想です。

 

もちろん社員の仕事と、バイト・パートの仕事は同じではないですが(現場で優秀でも営業のような仕事を任せるのは荷が重いかも)

 

現場で鍛えられている人や、お店に貢献してくれた人材の方が、会社のために頑張って

くれる可能性が高いとも思います。

 

また当然、実際の働きぷりや人柄がわかりますから、働くまでわからない新卒採用よりリスクも少ないわけです。

 

アルバイトやパートさんに優秀な人材、物凄く多いと思います。

 

 

それが、学歴・大卒資格がないというだけで、埋もれさせてしまうのは勿体ないと思うわけです。

 

日本の損失だとも思います。

 

また、現場経験のない新卒社員より、現場で鍛えられたバイト・パートからの登用社員の方が、実際の店舗作りの時にも強いのではないか、とも思います。

 

現場出身だと現場の苦労も知っていますから、現場の負担を減らすアイデアを持ち得やすく、そのアイデアがオペレーションの効率化や、コストの削減に繋がることも期待できるからです。

 

 

ところで実際にバイト・パート採用を積極的に行っている企業もあるようですが、離職率が高いので新卒採用だけではまかなえず、そうせざるを得ないという事情もあるのでしょうか。

 

その場合は就労条件そのものを考え直さなければ・・・要は労働環境が過酷でやめてしまうということですから、全面的に考えなおさないと、会社の未来も厳しいものになると思います。

 

あと、間違っても採用面接で、実際の仕事を模したようなロールプレイング形式の実技試験はやらない事です。

 

 

採用側も難しいですし、面接を受ける人が緊張して実力が発揮できない事も考えられますし、やはり面接は面接ですからぎこちないものになります。

 

面接を受ける側も、うまく見せようと不自然になるのは従来の採用方式と一緒です。

 

それでは意味がなく、素のその人の働きや特性、人柄などをみるべきだと思うからです。

 

それと採用における年齢資格も、自分なら無視すると思います。

 

結婚した女性で、子育てや毎日の家事で鍛えられた方は優秀な人材になりえますし、就労意欲の高い方も多いです。

 

学歴や年齢でチャンスを閉ざしてしまうのは本当にもったいなく、「人生経験」の方が、その人を優秀な人材にすると思います。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村