普通、不調の原因を取り除けば治ると、考えますよね?

 

この考え、常識だと思いますが、常識が思い込み・盲点になってケースもあるわけです。

 

不調を取り除くだけで、治るとは限らないんですね。

 

例えば、花瓶が割れた。

割ったのは飼っているねこちゃん。

 

・・・であれば、原因であるねこちゃんを、別の部屋で飼うなどすれば、原因はなくなりますが、それで、割れた花瓶が元に戻るわけではないですよね。

 

治療の場合もそうで、以下の3つのケースが考えられます。

 

1原因を取り除けば、ただちに楽になるケース。

2原因を取り除けば、少し期間を置けば楽になるケース。

3原因を取り除くだけでは、楽にならないケース。

 

当然問題になるのは3番目のケースで、これを「不可逆性(ふかぎゃくせい)」と言います。

 

で、これに対応する治療は、既に考えてやり始めています。

 

先日おひとり、この治療を行ってから、身体に生じていた違和感が楽になったとのご報告を頂きました。

 

従来型の気功でかなり苦戦していた方だったので、少しほっとしました。

日々、発見です。

 

  人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村