ご相談を受けた時、具体的な病名がつかない不調への相談としてうけたまわりました。

 

具体的には家族含め・他者との関わりで、気分が変わってしまって冷たく当たってしまう、といった事。

 

それをご自身では「パーソナリティ」つまり「性格的」な障害ではないか?と御心配されてました。

 

また、冷え性や過食に陥ってしまう事もご相談をうけておりました。

 

初回の治療の後のご感想、お許しをえて、途中から掲載させて頂いてます。

 

(以下途中から抜粋)

治療していただいた翌日の土曜日。

姉と一緒に1日外出したんです。

一回も険悪な雰囲気にならずに楽しく過ごせました。

 

こんな風に過ごせるの、何十年ぶり、もしかしたら初めてかもしれません。とても嬉しかったです。

 

それから、今まで子供の頃の嫌な思い出がつい最近の出来事の様に感じていたのですが、今は遠くの思い出になっています。

 

嫌な気持ちはあるのか無いのか…どっちでもいいのかな…なんて気持ちになってます。

ボーッとした時、嫌な思い出も浮かんでくるけれど、悲しみや怒りの強い感情はありません。

 

喜びは、ほんわり柔らかく真ん中に浮いてる感じがします。

今、こんな気持ちでいられる事が不思議で、でもとても嬉しいです。

 

しばらく様子を見て、「そろそろかな?」という時がきたら、また治療をお願いします。

今日はお風呂に入ってすぐに布団に入りました。電気毛布は取って、湯たんぽも入れてないけど温かいです。

 

温かいって幸せです。

 

(以上)

 

初回から非常に効果と改善を感じやすかった患者さんです。

(相当に自分の感覚を掴むことに長けた方で、全ての方がこのように感じられるわけではない事をあらかじめ、お伝えしておきます。)

 

僕が見た限り、パーソナリティに問題や原因があるケースではなく

 

生れつき感受性の強さなども手伝って、子供の頃のトラウマや心の毒を多めにため込んでいた事で、他者との関わりの中で、それを思い出すかのようにして、いらいらしてしまう、

 

あるいは同じ目に合うのではと心配で居られなくなってしまう、という事が起きてしまっていたのではと思いました。かなり、ご苦労なさったんではないかとお察しします。

 

そこで、トラウマも心の毒も、クリーニングしたというわけです。

 

過食に関しては、病的な範囲の過食症ではなく、ストレスと心の毒、あるいは疲労回復のために、多めに食べてしまうという感じだったと思うので、凄く心配はしなくても大丈夫だと思いました。

 

(これは別の患者さんですが、異常な食欲と食事量が、治療後におさまったという例もあったので、過食もある程度は対応できるものと思います。)

 

しかし人によっては、「自分は過食症に違いない」と思いこんでしまって、本当に過食症のようになっていったり、過食症の投薬治療を受けているうちに、薬の副作用でどんどんおかしくなっていってしまうケースもあり、このあたりは注意したいところです。

 

過食症に限らず、うつ病等でも、昨今の「あなたの症状、うつ病かも、早めに受診して薬を飲んでください」というキャンペーンで、本当はうつ病ではなかった方が、本当に薬が手放せない状態になってしまう方もいらっしゃると聞いています。

 

適当な診療で「あなたは○○病で一生治りません。」などと言われ、ショックで本当にうつ状態に陥ってしまった患者さんもいらっしゃるほどです。(そのあと高額な治療を勧められたそうです)

 

そういったこともあるので、この手の情報に触れる時は注意が必要かもしれません。

 

精神医学の診断は客観性があるわけではなく、医者が5人いれば、まったく別の診断と薬が処方されるというのは、精神医学では当たり前のことなんですね。

 

まあ、だからといって東洋医学や気功業界などが信用できるかというと、酷い人が多いというのは、患者さんからもたくさん伺いますが・・・。

 

冷え性に関しては、電気毛布のように肌に密着する電化製品は、あまり体に良くないとみているので(電磁波によるがんリスク増)湯たんぽか、お風呂上りに暖かいまま寝て頂く事をお勧めしています。

 

そうすると、寝ている間にも半身浴をしているかのような暖かさで、身体が冷えにくくなるため、疲労感がかなり違ってきます。

 

心の毒にも良いので、皆さんも夏場以外は是非試してみてください。

 

 

ご感想、本当にありがとうございました!

他の患者さんにも参考になりますので、ご感想とてもありがたいです。

いつでもお待ちしております!

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村