気功療法や、類似のエネルギー療法では、治療を受けている間、体に何かを感じることがあります。

 

自分の治療の場合

 

身体が暖かく感じた
手足がピリピリしてきた
何かがぐあーと流れている感じがした
眠くなかったのに、深く寝てしまった
何か悪いものが掃除機で吸い取られる感じがした
身体が宙に浮かんでるような心地よさを感じた

 

などなど、さまざまです。

 

が、体感がすさまじかったからといって、それが凄い治療で、効果が高いかというと、そうとも限りません。

 

体感はまったく感じないということもありますが、症状はかなり改善していった、という結果もあります。

 

この手の療法が初めての方だと、手も触れてない、しかも遠隔で、

 

そんな体感があることにびっくりして、この人は凄い治療家なんだと思ってしまうことがあります。

 

 

で、よくない治療家さんになると、そこで自分の奇跡のエネルギーであるとか、奇跡のような効果があるとアピールして、

患者さんを自分に取り込んでしまおうという人もいます。

 

ちょっと身体が温まるくらいなら、血流の改善でそれほどたいしたことでもないので、

 

その場で体感があったからといって、治療家側の宣伝文句に洗脳されないようにしてください。

 

 


人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村