冷えとりに熱心な方は、夏こそ冷えている!という事で、冬場と同じように冷えとりをがんばられているかもしれません。

 

汗をかくことも、もちろん毒だしになります。

 

ただ、さすがに真夏日になりますと、急激に体温が上がります。

 

大量の汗も出ます。

 

なぜ汗をかくかというと、

 

「体温を下げるため」ですよね。

 

いくら夏でも冷えがあるからといっても、「冷やさないで!」というのは、ちょっと生理的に無理があるわけです。

 

また胃腸で、水分を一度に吸収できる量は限られてます。

 

(そのため胃腸だけでなく、大腸や腎臓でも水分を吸収する働きがあります。水分は貴重なんです。)

 

あまりに無理をして熱中症になって、脱水症状を起こしてしまうとかなり危険です。

 

半身浴でも、必ず水分補給を忘れず、ご自身の体調に合わせて、無理なく行うようにしてください。

 

冷たい物も、確かに取り過ぎはお腹を壊しますが、飲んではいけないなんてことはないと思います。

 

夏場の冷えとりもやっておくと、クーラーで冷えにくかったり、夏バテしにくかったり、毒出しの面でもプラスはかなりあります。

 

ただ、医学や生理学の知識が少しでもある人なら、「やり過ぎ」が場合によっては命に関わる程危険であることは直ぐにわかると思うので、

 

冷えとり指導者さんや、靴下を販売される方でお客さんに指導される方も、どうか気を付けてあげてください。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村