最近、「スピリチュアル」に「ううっそーっ??」と思ってるんですが、なんだかどこを見渡しても、「あなたに幸運を呼び寄せてあげます」とか「楽をして金持ちに」とか、そういった文言が並んでいます。

 

「愛の大天使なんちゃらで浄化される」とか・・・。

 

スピリチュアルって、そうでしたっけ?

 

 

もちろん生きてくために、お金や物も必要だけど、人はどうしてもそういった「物質的な幸せ」ばかり追いかけてしまうから、目に見えない方、

 

自分の生き方をもう一度見つめ直して、善や愛や優しさ、平和、利他、本当に正しいこと、良い仕事、それらを正しく見極める知性を身に着けて、

 

自分の Spirit(精神性や魂)を成長させようぜ!!

自分のできることでいいので、世の中に貢献してこうぜ!!

自分の魂に恥じない生き方しようぜ!!

 

・・・ってな事を、最初の頃は言ってたはずなんですが。

 

中には困っている人・弱っている人の心理に付け込んだ、相当高額でえげつないのもあります。

 

・・・金とあくまに「魂」売ってどーする。

 

そんなん広めて、天使、マジ大激怒ですよ(笑)

 

天使や神様や愛をうたって金儲けなんて、ほんっと、知りませんよ~~。

 

スピリチュアルの言葉を借りれば、それがどれだけ重い「カルマ」になるのか。

 

お伝えしたいのは、何も「スピリチュアル」だからって、特別な・宗教的な儀式めいたことをしなくちゃいけないわけじゃないんですね。

 

自分の日常が「自分の課題」ですから、まずはそれらを大切にすること。

 

家庭とか、友達とか、自分の仕事とか、勉強とか、社会的な役割とか。そういう「身近なところ」を大切に、少しずつで良いので、より良い物にしていく。

 

おごらず、偉ぶらず、自分も周りの人も大切にして。

 

しかし「自分さえよければいい」で、わがままにならず。

(だからって「国家のために」が利他でもなんでもないですけどね)

 

皆が楽しく・健康に暮らしてゆくために、自分にできる事で良いので、困っている人や立場の弱い人を守ったり、子供や若い人を教え育てること。

 

不器用でも心根優しく、善良にがんばっている人なら、天使も神様も仏さんでも、向こうの方から応援したくなるもんじゃないすかね。

 

いんちきのくそスピリチュアルで騙して金儲けするより、よっぽど、きちんと生きた方が運勢良くなると思いますよ?

 

あと、誤解させてしまいそうなので一応書いておきますが、経済活動・お金を得ることがダメとは言ってないんですね。

 

欠点や問題もたくさんあるんですが、現代社会は、経済活動・仕事を通して、たくさんの人が生活を維持するシステムです。

 

そこは否定しなくてもいいはずです。

 

願わくば、そういった経済活動のなかにあっても、世に「より良い商品・サービス」「より良い職場や雇用」を生み出すこと。

 

それも立派な「人助け」であり「利他」であり「スピリチュアルな生き方」と言えるんではないでしょうか。

 

 

スピリチュアルをやれば、魔法のように、夢のように生きていけるんでなく、現実の世界をどう乗り越えてゆくか。そのための補助として「スピリチュアル」の考え方だったのではないでしょうか。

 

そこを外して、スピリチュアルの追っかけになって、そっちが生きる目的にしてしまうと、現実感を失い、バランスがガタガタになってしまうこともあるので注意してください。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村