奇跡の治療家〇〇人という本を出版するので取材させてもらえませんか?

 

というメールや営業電話の類が時々来ます。

 

でもこれ、よくよく聞くと、「治療院側が出版社にお金出して掲載してもらう」というモノであることが殆どです。

 

それって単純に「宣伝広告に掲載しませんか?」というものです。

 

そして「本に掲載されました!!」とホームページのトップに掲載すれば、集客が見込めますよ!!

・・・という営業トークとセットになることが多いでしょう。

 

 

別のケースでは「有名人の〇〇さんに取材されました!!」というパターンもあるのですが、

これも治療院側がお金を払って、有名人にわざわざ来てもらって取材してもらう、という代物です。

 

何も知らないと、「え!あの芸能人が来たの!?」

「本に掲載されてるから信用できるかも!?」と思ってしまうかもしれませんが、

 

実際はお金を出して、有名人に来てもらったり、本や雑誌に載せてもらっただけ、ということが多いです。

 

実際に、本当にメディアから取材を受けてることもありますが、この「芸能人の取材」については、気功教室に通っているときに、そこの先生から教わりました。

 

そういう方法を使えば、治療院の宣伝になる、すごい先生にみられ、集客になるから、と。

 

ちょっと悪く書いてしまったかもしれませんが、そういったやり方もその治療院の経営手法の一つで「悪」とまでは言いません。

 

ただ僕は、そういうのは患者さんに申し訳ないのでやりたくない・自分の理念に反する。

 

それから、そんなものに頼るのはくだらないと思う、ただそれだけです。

 

ですが、このケースに限らず何かの情報に触れるときは、注意し一度冷静にみてください。

 

(僕の言葉も含めて、です。自分で調べ、きちんと考えよう、ということ)

 

今の社会、残念ですが、ウソやいんちきは沢山ありますし、良いことばかり言う情報に対しては、疑ってかかるくらいがちょうどいいのかもしれません。