「才能」というのはその人それぞれにあるもので、それを治療の分野に発揮する人もいれば、スポーツに発揮する人もいるし、

 

育児や家庭で発揮される方もいるし、音楽や美術など芸術の分野で発揮する方もいらっしゃいます。

 

ときどき、僕のようなエネルギー療法の治療家を特別な存在だと言ってくださる方もいらっしゃるのですが、

 

でも、僕は苦手な物がたくさんありますし、

それを得意としている人を見ていると、やはり「凄い!」と思うのですね。

 

また、僕のできない分野をやっている方のおかげで、僕は治療活動に専念していられるという事もあります。

 

そう考えると、やはり社会というのは全体で成り立つ物で、自分ひとりが特別な存在というのはいないんじゃないか、と思うんですね。

 

ですから自分のできる事、やってきた事、得意としている事をもう一度考えて、自分の得意分野で勝負したりして、社会に参加していく。

 

それぞれの分野で、それぞれの社会的な役割を、しっかり頑張ってゆけばよいのではないでしょうか。

 

また、今自分がやっていることを一工夫して「できるだけ良い物」に。

 

完成度を高める事で、それこそ皆に求められる特別な物にできることもあると思います。

 

 

僕も、自分の治療技術はずっと研究の毎日です。

それでたくさんの発見をして、楽しんでこの道を進もうと思っています。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村