老化したくな~い!!という方は特に女性に多いと思います。

 

そのために、お化粧品やエステなどを頑張られるのも良いとは思うのですが、僕がおすすめしたいのは、 ビタミン豊富で栄養価の高い「緑黄色野菜」「果物」をできるだけ毎食付け合せなどで食べる事です。

 

ビタミン不足の顔というのは、こけていて青白く「食べてるの?」と聞きたくなる「不健康そうな印象」になります。

 

これは、栄養不足によるものもありますが、食品から取り込む「生命力の不足」というのもあって、それは老化にダイレクトに影響するのですね。

 

患者さんでも、疲労が強い方は、「生命体というエネルギーの身体」がわずか数%しかないという方も稀にいて、そういう方はちょっと大変になってしまっていました。

 

そこで、生命力も豊富・ビタミンも豊富な、緑黄色野菜や旬の果物を食べると良いわけです。

 

現代人は、ごはんや麺とお肉の、ビタミン&ミネラル不足の外食に慣れてしまって、自炊していても、野菜が不足していることが珍しくありません。

 

お肉など動物性の食品は胃腸に重いですが、これは消化に負担となっているからで、野菜の方が実は、身体に合っていてヘルシーだということも老化防止にプラスです。

 

消化に重たいお肉ばかりよく食べていれば、口の中に口内炎ができたり、脂の排泄で肌に吹き出物が出る事もあります。

 

また、ビタミンがお肌に良い影響があることは良く知られていると思います。

 

食物繊維というのは野菜に多く含まれ、便通も良くなることが期待できますので、そういう意味でもお肌や生命力に良い効果が期待できます。

 

便通が良いということは、将来的な大腸がんのリスクも減らしてくれると思います。

 

ただ、毎日生野菜は身体を冷やしてしまうので、ゆでたり・蒸したりの温野菜や、お浸し、スープ等で無理なく取れると良いのではないでしょうか。

 

そんなこんなで、化学的なお化粧品などを大量に使っての、見た目の老化対策ではなく、内側からの本当の若さを保ってみてはいかがでしょうか?

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村