これは良い・これは良い!凄い効き目・凄い効き目!

 

・・・と言われ続けると、暗示のようになって「きっと凄いに違いない!」という刷り込みがされてしまうことがあります。

 

テレビのタレントさんが〇〇が良いと言えば、翌日売り場から消えてなくなるのと一緒です。でも、そのデータがねつ造だったとわかって大問題になったこともありましたよね。

 

 

このあたり、そういった心理に付け込んだ、かなり悪質なグッズやヒーリングやセッション、セミナーや勉強会などがかなり多くあります。

 

 

ある治療家によっては(治療家ではなく詐欺師ですが)、「治る・治る!」を連呼して、治った気にさせる者すらいます。

 

 

精神疾患の方に、それがどれだけ危険な事か。そんなこともわからないのです。

 

 

中には、「幸せになる」「人格が良くなる」と言ったうたい文句で、数万もするような高額のセッションを受けさせたり

 

「婦人科のケアをして女性をきれいに~」といった女性に「優しそう」な言葉を使って、何の効果もないようなヒーリングや整体やグッズを提供している者もいます。

 

酷い物になると健康を損ない、もう二度と子供が産めない体になりかねない・場合によっては命に関わるようなグッズもありました。

 

女性がとても心配にしている部分。大切にしている心理に付け込むのですから、最低・最悪・女性の敵だと思います。

 

 

本当はみんな少し疑問に思うのですが、先生に悪いから・・・と気を使ったり、みんなが絶賛してるし、高いお金を払ったから、きっと良い効果が出るに違いない。

 

そのように思い込まされてしまうことがあるのです。

 

 

また、医者や弁護士のように社会的に信用のある人や、テレビに出ている人が絶賛して勧めているから信用できるとは全く言えません。

 

(僕のような気功治療家は社会的信用ゼロですが(笑))

 

 

あやしい宗教やマルチ商法などを、それこそ医者や弁護士やタレントや政治家などが、金欲しさに絶賛して広めていたりもする事もあるんです。

 

 

わかってやっていたら最低の悪人・詐欺師ですが、そもそも思い込みが激しいため、完全な「洗脳状態」でまったく分からなくなってしまっている人もいます。

 

 

この場合、その人も「すごい・すごい」を連呼されて完全に思い込まされてしまって、少し気の毒ではありますが、でもおいしい話を信じて疑わなかったのですから「責任」はあるはずです。

 

ですから、「肩書き」はほとんど参考にはならないです。

 

最初は立派だった医者や弁護士や先生が、どんどん欲望と誘惑に負けて、落ちていく事も多いからです。

 

詐欺師に「善」や「良識」は持ち合わせていません。

 

そして表向きは立派そうなことを語りますが、彼らの頭の中には「善」ではなく「銭」しかないのです。

 

 

また「絶対に儲かる投資話がある」

 

などと持ちかけられて、自分は引っかからないと思っていても、たくみな営業トークでその気になって、財産をとられてしまう事は日常で起こってるわけです。

 

自分は大丈夫だと過信せずに、全ての情報をに気を付ける・疑問があれば近づかない・慎重でいるのに越したことはありません。

 

 

あと、やたらテンションンが高く、楽しまなきゃ!楽しまなきゃ!そのためなら面倒なことはやーめた!周りの人なんかどーでもいいモン!みたいな良い大人が社会性を放棄してるようなブログなどは、まず注意した方がいいと思います。

 

人生大変ですが、責任を持って生きるのが「大人」の姿ではないでしょうか。

 

 

そんなこんなで「繰り返される・うまい話」に対しては、とても慎重な方が良いと思います。

 

話が飛躍しますが、そうしないと集団心理で動いてしまい、それこそ人を扇動するような政治家の嘘によって、再び戦争に巻き込まれてしまう事だってありうるからです。

 

このあたりかなり危機感を持っているのですが・・・。

 

自分でしっかりと考えて、現実的に生き、大事な家族とご自身と財産を守ってください。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村