うつ病やパニック障害の根本原因と聞いて「心の異常反応の解体」という気功や、勧められた新しい治療を他の先生にやってもらったが、余計苦しくなってしまってしょうがない、何とかならないでしょうか??というご相談を、樹りん気功、開業当初から受けてきました。

 

最初は僕も、好転反応だから、苦しさも仕方ないのかと思っていたのですが お問い合わせの方のお話に耳を傾けるうちに、これは良くなる反応だとか、気持ちで何とかなるなんて物じゃない。大変な事態だと思うようになりました。

 

患者さんの中には、物凄く苦しんで、家から数年出られなくなったという方や、苦しさのあまり大暴れしてその時の記憶がないとか、一人でいるのが怖くて仕方ないので家族につきっきりになってもらっているなど、大変気の毒な状態に陥っていた方もいらっしゃいました。

 

これなら「うつ病の方がマシだった」と、訴えている方もいらっしゃったのです。

 

そのことを施術した先生に訴えても、それは好転反応だから問題ない、思考が治るのを邪魔するのだから考えなければいい、異常反応を解体したらあなたはもう、うつ病じゃない、治らないのは心を怠けさせていたからだ、心をリラックスさせていれば問題ない、などという回答をされるそうです。

 

「心をリラックスさせればいい」それができたら苦労はない…と途方にくれて、こちらにご相談に来られる方が、少なくなかったのです。

 

そんなひどい状態が、「好転反応」なはずがありません。普通に考えればわかる事です。100歩譲って好転反応だったとしても、そんな危険な状態になるなら、治療そのものを考え直すべきではないでしょうか。

 

そういった方々の治療をお受けするようになって、色々なケアの治療も開発してきました。

 

また、そういった反応が起こる原因と仕組みと、そういった苦しい好転反応を出さないで済む方法も、だいぶわかってきました。

 

「異常反応の解体」という治療は、樹りん気功は行っていません。別のやり方でうつ病やパニック障害などの心の問題を治療しております。

 

 

「異常反応解体後 めんげん・好転反応の苦痛 軽減・緩和コース」は、そのような状態に苦しんでいる方をケアするための治療コースです。

 

料金などは通常の治療と同じです。

 

詳しくはメールかお電話でお問い合わせください。

 

こちらも合わせてお読みください

異常反応解体後の好転反応・めんげんについて

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村