例えば「歩く」という動作一つでも、はっと気が付くとどこか痛くても無理をして動かしていたり、急ぐあまり呼吸を詰めて歩いてしまっている事があります。

 

そんな時は少しだけ力を抜いてみて、少しだけゆっくり・ゆるめて・・・

どうしたら「心地よく」歩けるかを自分なりに探してみます。

 

 
すると、足に無理な力が入ってたなとか、姿勢をよくしようとするあまり、無理に背筋を伸ばして首に力が入ってしまっていたなとか

 

身体に無駄な動きをさせてしまっていたな、力任せだったなとか、色々気づく事があります。

 

自分の身体の「心地よい動き」を探して変えてみると、以外に普段の何気ない動作も柔らかく、疲れにくく、ストレスになりにくくなったり、痛みにくくなったりするかもしれません。

 

 

ヒントになるかわかりませんが、手足は力を抜いて、胴体の方に意識を置くとバランスが取りやすくなるものだと思います。

 

 

また、手足だけでなく、胴体、つまり腰・肩・背中・お腹・胸などの方から動かすようにしていくと、手足はリラックスしていて、心地よく省エネなのに、パワフルになることがあります。

 

自分の身体と会話して、より心地よい動作・楽な動きを探してみるのも面白いですよ。

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村