今年に入ってから風邪症候群(インフルエンザ含む)の方がどっと増え、僕も忙しくなってます。

 

原因となるウイルスが冷え込んで寒くなると急に増えることや、

 

感染した後、免疫の働きで「発熱」して対処しようとすることから、予防に大切なのは「熱」「体温」「暖かさ」「免疫」などであることがわかります。

 

うがいや手洗いも大切ですが、そこだけでなくウイルスは鼻の奥から入り込みますし、顔もありますし、身体が冷えていたり、疲れていたりで免疫の働きが下がってくると、厳しくなってくるようです。

 

そこで予防法としておすすめなのは、1日の中でしっかりと身体の芯まで暖まる時間をもつこと。

 

具体的には、お風呂で長めに温まり、湯冷めさせず、暖かい状態での睡眠を長めにとること。

 

寒くなく、熱すぎないお湯の温度(この時期だと39~40度ほどになると思います)のお風呂で、長めに温まること。

 

個人差があると思いますが、15~30分くらいは入っていても良いと思います。

 

 

最初はぬるめに入って、追い炊きしてゆっくり温めていくと、身体への負担が少ないかもしれません。

 

(お風呂から出てまだ寒いときは、お湯の温度が少し低いかもしれません。)

 

睡眠は、寝間着の量や布団や毛布の量など調節しつつ、カバーをかけた湯たんぽを入れてみると良いと思います。

 

(湯たんぽも調節して、低音やけどにはご注意を)

 

お仕事や育児・家事などで、なかなか時間を作れないという方も多いと思いますが、入浴と睡眠、温度が、疲労対策や健康維持にはとても大切になってくるので、個人で工夫してみると良いと思います。

 

 

(ただし、長時間の入浴が難しい疾患の方、温度感覚などが下がってしまっている疾患の方は、無理せず、注意して入浴してください。)