一言で肩こりと言っても、原因が異なる場合がかなりあります。

 

気の反応をみる検査で調べていくと、先日治療した患者さんは、左足のふくらはぎの血流の悪さと、全体的な固さが原因と出ました。

 

その少し前にみた方は(雑貨屋の親切な店長さんでした)感情の毒が原因と出てました。

 

左足のふくらはぎが固いと出た患者さんは、その部分をやわらかくゆるめる治療を施しましたし、雑貨屋の店長さんは、感情の毒を浄化して損傷した身体を修復する治療を行いました。

 

ただ、一つの原因が解消されたとき、今度は別の原因が登場して同じ症状を引き起こすこともあります。

 

ですから、治療自体は総合的・全体的にやる必要がある場合も多いです。

 

でも、原因を知っておくと、いろいろ対応がしやすいし、患者さんも自分の不調の原因がわかって安心されることが多いです。

 

余談ですが、自分もどこか固いとこあるかな?と思って調べてみると「左足の足首」と出ます。

 

ここは、子供のころに繰り返し捻挫していた箇所で、今でも少し気になっていた古傷でした。

 

これが、血流の悪さにつながっていて、上半身に若干の影響が出ているという検査の反応が返ってきます。   内臓機能の5%ダウン。血流の6%ダウン。肩こりも。

 

ゆるめて、血流を改善し、修復を施して終了です。

 

5%くらいだと改善の感じ、少ししかわかりませんが、ちょっと、体がぽかぽか、だるさが少しとれて、身体が楽に喜んでる感じになりました。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村