お金のエネルギーとか、パワースポットとか、運勢とか、信じてる人は信じてます。

 

中には、企業の社長さんとか、政治家さんとか、先生とかで

トイレ掃除をしてるとか、何か開運グッズを買ってるとか、占い、スピリチュアルなどなど、

いろいろされてる方もおられるかもしれません。

 

 

エネルギー治療家の端っこの、端くれの者ですが、普段いろいろなエネルギーに触れていて、自分がひとつ確信している「エネルギーに関する法則・約束事」があります。

 

 

それは、他者を苦しめたり、迫害したり、攻撃したり、押しのけたり、命や生活や金銭を奪ったりして、自分の利益や地位を得るような生き方をすると

 

悪い行為のエネルギーは跳ね返ってきて、運勢どころではなくなる・・・というものです。

 

 

要は、悪いことをすれば、たくさんの人を苦しめれば、自分のエネルギーや運はどんどん下がる、というものです。

 

 

人や生き物を、自分のために、道具のように扱ったり、いじめたり、わがままに、自分優先で他人を置いていったり

 

うその宣伝をしてたくさんの人をだまして利益を得たり

ネットで酷いことを書いて他者を攻撃したり、自分さえよければいい、自分の都合が悪くなれば親身にしてくれた人を裏切ったり

 

他人の痛みや命や暮らし、悲しみなど、どうでもいいという生き方をしたり、

 

地域住民が大反対してるのに自然を壊したり、自分たちのお金のために、地域が汚染されるような政策を平気で行ったり

 

 

はたまた全体の暮らしのために使わなくてはいけない税金を、収入の少ない人やお年寄りからも、とれるだけとろうとしたり、それすら自分たちのために使ったり・・・

 

 

 

特に人の上に立つようなポジションの人は、要注意なんです。

 

人を助けなくてはいけない責任ある立場を忘れ、自分の私利私欲に走ると、とんでもないことになるということです。

 

 

たくさんの人を苦しめている、権力を使ってやりたい放題やっているのに、自分だけ運がよくなりたい、神頼みしようとか、そんな都合のよいことはないんです。

 

逆に、他者を助け、自分の力や才能、地位、アイデア、お金など、できるだけ他者や社会や、困っている人、立場の弱い人たちのために使い、本当の意味で貢献していく人は

 

良い行為によって生じたエネルギーも自分に返ってきやすく、自己のエネルギー波長も上がり、本当の意味での幸せや成功を収めやすくなる、というものです。

 

 

もちろん、自分を犠牲にせよということではありません。

それは間違っていて、まず自分のことができなければ、他者を助けるなんてことはできません。

例えば、現在不調の方などは、とにかく自分のためにゆっくりしていいわけです。

 

むつかしいのは、私は人のためにやってるよ!といって、まったく逆方向の、はた迷惑なことをしてしまう人もいるかもしれません。

 

これを「独善的」と言います。自分だけ正しいと思ってることです。

 

僕もそれは、いつもこわいと思ってます。

 

本当にそれが利他なのか、利己なのか、という検証は常に必要です。

 

良かれと思ってやったことが、逆にその人を甘やかしてしまうこともあるかもしれません。

 

他者に対して、へりくだれ、甘やかせ、と言ってるわけではありません。

 

十年・二十年先まで見越して、厳しいことを言うこともあります。

 

ただ、部下や子のためを思って、軍隊式に、スパルタで育てなくては!なんてことはやってはいけないわけです。

 

それは教育ではなく、ただの虐待です。ただ厳しくすれば立派な人間に育つわけではないと思います。

 

 

神頼み、占い頼み、開運法を実践するならば、そういった観点から、まずは利他的に生き方を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

絶対に成功できるとか、お金持ちになれるという方法ではないですが、

(というか、そういうことを約束するようなものはまず詐欺でしょう…)

 

何か変わってくるかもしれません。

 

 


人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村