万病の元…「冷え」ってなんだ?

  • HOME »
  • 万病の元…「冷え」ってなんだ?

人のからだは、上半身と下半身で体温に大きな開きがあります。

 

上半身の体温は、だいたい37度前後ありますが、下半身、特に足先になると31度前後しかない方もいらっしゃるそうです。

 

血液の流れも、気というエネルギーの流れも、上と下で温度差が開くと、流れが悪くなって、心身の働きが悪くなってしまいます。

 

この流れが悪くなってしまった状態を「冷え」と言います。

 

冷えは足元で「血液」を冷やします。

 

そうなると血行が悪くなり、老廃物が流れず、病気の毒素、疲労が身体に残りやすくなるのですね。

 

血行が悪くなれば「酸素・栄養・体温」が全身に行き届かなくなります。

気の流れが悪くなれば「生命エネルギー」が全身に行き届かなくなります。

 

血行が悪くなりますと、血管が細い指先や内臓に暖かい血液がいかないので、冷たく感じられます。そこまでいくと「冷え症」になってしまいます。

逆に足の「冷え」をとる生活を取り入れれば、「血」と「気」の流れが良くなって、からだの機能はぐっとアップします。

血は、温かなまま全身を巡るので内臓も温まり、その働きは活発になります。

気も血液も、流れが良くなることで病気の元となる毒素・老廃物を、からだの外に出してくれ、心身が元気になります!

 頭寒足熱イラスト2

 

⇒ 次はこちら! 「半身浴の冷えとり・毒だし効果」 

さいたま市大宮区より TEL 090-9823-9384

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 樹りん気功 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.