不調の時、不遇の時、というのはあまり大きくは動かず、様子をみていた方がよいこともあります。

「落ち込んでいるとき」「下がっているとき」というのは総じて悪い方に行きがちで、あわてて動いてかえって悪い方に行ってしまったり、引き寄せてしまったりすることも多いです。

 

そういったときは「判断力」も鈍ってしまっているので、普段なら「引っかからないような物」に手を出してしまうことがよくおこります。

 

僕もひどく落ち込んでいるときに、本当は必要なかったものや、あまり自分に合わなかったものを買ってしまうといったことをやってしまいます。それもひとつの経験ですが。

 

あと「なんでも奇跡のように全てうまくいく」というような宣伝には要注意です。そんなうまい話しは世の中まずありません。

 

まして、それを自分で宣伝しているとしたら、かなり疑ってかかる方がよいかと思います。

この辺は投資詐欺とか、偽ビジネスとか、いんちきの霊感商法とか、いんちきヒーリング、いんちき療法、色々なものがあります。

 

また、世間では信用ある・権威ある肩書きの先生でも、嘘ばかりつき、人を食い物にするような酷い人はたくさんいますから、

不遇の時ほど、慎重に見極めるとよいかと思います。

 

 


人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ にほんブログ村