病気や不調には、検査しても原因が見つからない・数値やレントゲンなどに出てこない問題が結構あります。

 

患者さんは強い不調感に悩まされますが、検査に出ない場合「問題なし・健康」としてしまったり、気持ちの問題(思い込みや勘違いみたいな意)として患者さんを退けてしまうことが多々あります。

 

酷いケースだと精神科への通院歴がある患者さんの話や訴えは、そんなはずはない、気持ちの問題だろうと最初から聞かない、という先生の話も聞いています。

 

こういった検査に出ない症状や不調の場合、負の気・エネルギーの問題ということがあります。

 

エネルギー系の問題の場合、現れる症状としては

 

身体的な不調や異変(異常な痛みや違和感、身体の働きがおかしくなる)として現れることもあれば

精神的な不調や異変(強い不安感や不安定・異常な行動)として出ることもあります。

 

樹りん気功では、そういった負の気・エネルギーに対して、別のエネルギーを使ってクリーニングする気功を行います。

 

 

問題が比較的軽く、身体に大きな損傷などがない場合、エネルギーの対処だけで症状がスッと楽になることもあります。

 

エネルギー系の問題が自然治癒や改善を妨げ、問題をややこしくすることが多々あるので、負のエネルギーの除去がまず何より第一だと思ってます。