冷えとり靴下は、大法紡績さんという会社の「絹木綿」というシリーズを使っています。

 

通常の冷えとり靴下は、絹と木綿を交互に重ねて履くのですが、 これは最初から裏が絹、表が木綿と両面仕様で作ってあるので、交互に重ねる必要がなく便利です。

 

冷えとりを始めてから、夏バテや、クーラーの効きすぎる室内にやられることも少なくなり、 また風邪をひきにくくなりました。

 

よしんば体調を崩しても、寝込むまではいかず、薬を飲む必要もありません。

 

まわりの人に冷えとりを勧めて、長年の冷え症や不調が良くなっていったり、 結婚した方では子供が早く授かった方もいらっしゃいます。

 

冷えが改善され、内臓の機能アップと排毒が進んだからかもしれません。

 

冷えとり・頭寒足熱の生活は、人の健康を考える上でもっとスタンダードな考え方になると良いと思ってます。

 

大法紡績さんホームページ

http://www.sinfonia.or.jp/~taiho/index.html

 

人気ブログランキングへ