目に見えるほどの効果はないかもしれないのですが、ちょっとだけやっておいても良いかな…と思うこと。

 

それは、お子さんが見るテレビやゲーム機の「明るさ」を、初期の設定より落として、光の刺激を弱めてみることです。

 

だいぶ前になりますが、アニメで強い光の演出があったとき、番組を見ていた多くのお子さんが、発作で運ばれてしまったことがあったと思います。

 

それ以来、子供むけのアニメ番組の冒頭では「部屋を明るくして、画面から離れてみてね!」といった注意書きがされるようになったり、アニメを作る側も、光を気を付けるようになったと聞きます。

 

そういった配慮はなされているものの、ゲームやアニメの人工的な色と光を普段からたくさんみていると、光刺激に脳の情報処理が追い付かず、その刺激の興奮から、落ち着きがなくなることもあるのではとみています。

 

であれば、最初からテレビやゲーム機の「画面の明るさ」を、少し暗めに設定しておけば、光の刺激がやさしくなり、脳や神経の過剰な興奮や負担がおさえられるのではと思うわけです。

 

(あんまり暗くしすぎると、見えなくて、今度は近くに寄りすぎてしまったり、大人がストレスになるかもしれませんので、注意)

 

僕も子供のころから、ゲームやアニメなどの作られた色や光はそれほど得意ではなく、調子が今より悪いころには、そういった画面を見ると車酔いのような状態になったり、頭痛がしたり、お腹が痛くなることもありました。

 

光の刺激で、身体の調節に関わる「自律神経」が乱れ、調子が悪くなっていたのではと思います。

 

なお、スマホやパソコンも、初期設定ではとてもまぶしすぎると感じるので、「明るさ」をかなり落として使っています。

→関連記事 スマホ・パソコンの「明るさ」調節で、自律神経の乱れを最小限に