たいした健康情報でもなく、みんなやってることかもしれないのですが、

 

自分は、スマートフォンや、パソコンの画面の「明るさ」を、初期設定よりも、かなり落として使っています。

 

初期設定そのままだと、光がやたらと強く感じ、目と神経が疲れる感じがするからです。

 

人工的な光の刺激が、身体の働きを調整する「自律神経(じりつしんけい)」のバランスを乱すことは、10代のころに自分の身体で体験済みです。

 

アニメやゲームのような人工的な色を長く見ると、どうも体調がだるくなったり、おなかを壊しやすくなったりすることに気付いていたんですね。

 

今思うと人工的な光の刺激が、自律神経を乱していたのではないでしょうか。

 

(余談ですが「慢性的な野菜不足」でも自律神経は乱れやすくなるとみています。)

 

明るさ・光の調節、ちょっとしたことではありますが、スマホもパソコンも「設定」から簡単に変えられると思うので、(問題なければ、仕事場のパソコンも)自分に合った明るさに調節してみると、身体にもよいかもしれません。

 

電池の持ちもよくなります。

 


人気ブログランキングへ